散る葉

重く散って 軽く掃かるる 一葉かな

 厳谷小波


裏を見せ表を見せて散るもみじ

 良寛

最期の言葉、というタイトルで見つけた2つの詩をメモ。

終わりまでお洒落に、またはユーモアを忘れずにいられればいいなぁ、なんて思う。
きれいな面を見せて散って、「良い人生だったね」と軽く掃かれてしまいたい。

まず重要なのは、健康だなぁ(笑)



<<次の記事へ   ホームへ   前の記事へ>>
posted by MeThy at 06:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。